島国である日本は海に囲まれ貝の宝庫でもあります。貝類の中で最も親しまれているのはあさりですね。かつては東京湾であさりが豊富に採れていたことから「深川飯」が江戸名物となったわけです。あさりの砂出しは海水と同じ位の塩水(水100ccに塩小さじ1)で行って下さい。
   
 
深川めし   あさりと豆腐のスープ   あさりのしぐれ煮   あさりのワイン蒸し マスタード風味   あさりのタイ風そうめん
 
     
 


江戸時代から伝わる日本の味。

材料(4人前)

あさりむき身………200g
わけぎ………………2本
だし汁…………2カップ
みそ……………大さじ3
みりん…………大さじ2
ごはん…………丼4杯分
生姜のせん切り……少々

 

   
作り方            
1
 
あさりのむき身はざるに入れ、薄い塩水で振り洗いをする。
2
 
鍋にだし汁を煮立て、みそを溶き入れる。あさり、みりんを加えてさっと煮る。
3
 
わけぎのぶつ切りを入れて火を止め、丼に盛ったごはんにかけ、生姜のせん切りをあしらう。
 
ポイント! わけぎを入れたら煮えすぎないよう火を止める。
 もどる

     
 


あさりの旨味がいっぱいのスープ。

材料(4人前)

あさり………………200g
豆腐…………………1丁
ニラ…………………1/4束

 

(A)
しょうゆ・ごま油
………………各大さじ1
酒………………大さじ2
塩・こしょう……各少々

   
作り方            
1
 
あさりは海水程度の塩水に約1〜2時間浸して砂出しをし、洗っておく。
2
 
鍋にあさり、水4カップを入れて火にかける。あさりの口が開いたら角切りにした豆腐を加え、Aで調味する。
3
 
最後に刻んだニラを加える。
 
ポイント! 好みでラー油をたらしても。
 もどる


     
 


作りおきもできるので保存食にも。

材料(4人前)

あさりのむき身……200g
生姜…………………1片

 

(A)
しょうゆ……大さじ4
みりん・酒…各大さじ2
砂糖…………大さじ3

   
作り方            
1
 
あさりのむき身はざるに入れ、薄い塩水で振り洗いをする。
2
 
熱湯にあさりを入れて手早くざるに上げ、水気を切る。
3
 
鍋にAを煮立てあさり、生姜のせん切りを入れて中火で6〜7分煮る。あさりをざるに上げて煮汁を煮詰め、さらに戻し入れてからめる。
ポイント! むき身は煮すぎると固くなるので注意。
 もどる

     
 


ピリっと効いたマスタードがおいしい。

材料(4人前)

あさり……………300g
ミニトマト………10コ
にんにく…………1片
白ワイン………100cc
オリーブオイル・粒マスタード………各大さじ2
パセリみじん切り・塩・こしょう…………各少々

 

   
作り方            
1
 
あさりは海水程度の塩水に約1〜2時間浸して砂出しをし、洗っておく。
2
 
フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切りを炒め、香りが出たらあさり、半分に切ったミニトマトを入れて炒める。
3
 
白ワインを加えてフタをし、蒸し煮にする。
4
 
あさりの口が開いたら粒マスタード、塩、こしょうを加え、器に盛ってパセリのみじん切りを散らす。
ポイント! マスタードは最後に加えると風味がよい。
 もどる

   

 

 

 


ちょっと変わったエスニックそうめん。

材料(4人前)

あさり………………150g
赤ピーマン・黄ピーマン
…………………各1/4コ
そうめん……………4束
香菜・ライム・フライドオニオン……………各適量

(A)
チキンブイヨンキューブ
………………………2コ
ナンプラー……大さじ2
ごま油…………小さじ2
塩・こしょう……各少々

作り方            
1
 
あさりは海水程度の塩水に約1〜2時間浸して砂出しをし、洗っておく。
2
 
鍋にあさり、水5カップを入れて火にかけ、口が開いたらAで調味する。
3
 
そうめんは茹でて冷水に取る。ピーマンはせん切りにする。
4
 
器にそうめんを入れて2を注ぎ、ピーマン、フライドオニオン、香菜をのせる。好みでライムを絞っていただく。
 
ポイント! ナンプラーがない場合はしょうゆでも代用できる。
 もどる

このページは東信水産株式会社のご協力により掲載しております。
東信水産株式会社


佐世保市地方卸売市場水産市場
佐世保魚市場株式会社
〒858-0918長崎県佐世保市相浦町1563
TEL0120-58-0343 FAX0956-48-6170